心理的・リラックス効果

観葉植物の効果

観葉植物を置くことで気分がリラックスする実例は多くあり、聴覚や視覚・疲労回復などにも効果があるといわれております。

1.心理的効果

人は植物が存在する事で脳からアルファ波が出るといわれており、もともと森深くに生活していた先人たちの遺伝子に組み込まれた反応という説もあります。このアルファ波がリラックス効果をもたらしてくれ、精神安定状態を作り出してくれます。その他にも筋肉の緊張がほぐれたり、ストレス低減にも効果があります。

2.視覚疲労緩和効果

近年ITの普及に伴い、長時間のパソコン作業に伴う視覚疲労の声をよく耳にします。ある実験では、デスクに観葉植物があるのとないのとでは、前者の方が後者に比べ眼精疲労が小さいというデータがでております。また、乾燥効果によりドライアイが軽減されるという事例もあるようです。

3.快適性の向上

観葉植物には「蒸散作用」という快適な湿度調整機能があり、夏は気化による温度上昇を抑え、冬は逆に熱を放出して温度低下を抑える効果があります。また、この「蒸散作用」で放出される水分は蒸留水なので雑菌のない綺麗な水で、湿度調整によりカビやダニなどの発生を抑え、快適性の向上によるモチベーションアップやストレスの軽減効果もあるといわれております。最近ではオフィスなどでストレス軽減を目的に気軽に始められるレンタルグリーンを導入する企業も多い様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました